二人目の育児が楽になる3つのコツを教えて!上の子の対処方法はこれ!

子育て

2人目が生まれると、育児も少し楽になるよ。

と聞いたことがあるのですが、とんでもない!

とても大変になりますよね。

というか大変になった!と感じていませんか?

子供が増えてとても嬉しいのですが、
その分今まで以上に倍の時間を子供たちに
費やさなければいけなくなる
ので
大変なのです。

そして、上の子に手がかかる時期に、
下の子が生まれると、さらにママも
大変と感じることが多くなるのです。

大変さを感じないで、二人目の育児を
楽しくラクにできるコツ
をこれから
お伝えしたいと思います。

悩んでいる人に必見です!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

2人目育児が大変な理由とは?

二人目が生まれると、なぜ育児が
大変になるのでしょうか?

よく言われるのは、二人目が生まれたら
楽になるわよ。

とか、最初の子よりも勝手がわかる分、
やりやすくなるよと言われるのですが、
そうは言っても実際は違うことが多いのです。

その原因はどんなことなのでしょうか?

上の子が赤ちゃん返りをしてしまう。

下の子が生まれると、どうしても
赤ちゃんのことで手がかかりますよね。

そうすると、上の子がママを
独り占めしたくて、わざと、食べ物を
こぼしてみたり、お洋服がきれないと
駄々をこねたりすることがあるのです。

上の子もママから関心を持ってもらいたい
と思う一心で言ってくるのです。

まるで赤ちゃんのような行動を
してくるのですよね。

ママの方は、心に余裕がないと、
さらにイライラしてしまうことにも
なってしまうのです。

子供を叱ったりしても、いうことも
聞いてくれないと、さらに大変に
なるのですよね。

二人の生活リズムが違う

寝るタイミングが違ったり、
お腹が空くタイミングが違ったりなど、
二人の生活のリズムが違うので、
これがまた大変と感じてしまうのです。

寝かしつけている間に、下の子が
泣き出すなんてこともあるのです。

生活のリズムのタイミングって
結構影響あるのです。

上の子も、下の子も、
待った無しですからね。

子供が可愛いのにイライラしてしまう。

二人の子供が可愛いいけど、ママの心に
ゆとりがないとどうしてもイライラ
してしまうこともありますよね。

そして、自分の思うように子供は
動いてくれるわけではありません


だから、余計家事も何もかも
どっちつかずになって、気持ちだけが
焦ってしまうということもあるのです。

二人のことでも頭がいっぱいになって、
パンクしてしまうということもあり、
余計大変さを感じてしまうことも
あるのです。

お風呂に入れるタイミングも難しい。

お風呂に入れるのも結構重労働ですよね。

子供2人を入れるのですが、両方を
しっかりみていないと危ないし、
下の子にかかりきりになると、
上の子がいたずらしてみたり。

2人が途中で寝てしまったら、
それこそもっと大変。

入れるタイミングも結構重要に
なってきますよね。


2人目の育児を楽にする3つのコツ

2人の子供を抱えて、毎日の育児は
大変だと思うのですが、同じ育児を
するならできるだけ楽にできるように
工夫したいですよね。

二人目の育児を楽にする方法を3つ
ご紹介しますね。

ぜひ、みなさんも取り入れてみると
良いですよ。

家事の見直し、パパに分担してもらう

2人の育児だけでも大変なのに、
毎日家事も休みなしにあるわけで。

ママはずっと働きっぱなしですよね。

そんな時は、
パパにも助けてもらいましょう!

ちょっとしたことでよいのです。


例えば、パパに買い物をお願いしちゃう
とか、ゴミ捨てを頼む
とか。

普段は仕事があるので忙しいと
思うのですが、ちょっとのことだけでも、
お願いすると、意外と楽になりますよ。

子供たちは手を抜くことはできませんが、
家事は手を抜いても大丈夫!

今日できなくても、明日があるさ。

というぐらいの気持ちで家事も手抜きすると
それだけでもすごく違ってきますよ。

パパたちは、自分で率先して動くのは苦手。

だから予め、頼みたい家事を具体的に伝えると、
すごく協力してくれますよ。

そして、ママの思っているように動かなくても、
ちょっとぐらいは目をつぶってあげてくださいね。

パパが手伝ってくれるだけでも、
育児はすごく楽になりますよ。


上の子にお手伝いをお願いしてみる

下の子のお世話をするときに、
上の子に声かけて、「ママと一緒に
お世話するの手伝ってくれる?」
と言ってみるととても良いですよ。

上の子も自覚が出て、頑張らなくちゃ。
って思えるようになり、ママに認めて
もらえているとうれしくなり、いっぱい
手伝ってくれるようになりますよ。

上の子が手伝ってくれると、ママも
とても楽になりますよ。

ママ以上にいっぱい
お世話してくれるようにもなります。


グッズやサービスを上手に活用する

ママの気持ちの余裕がないときは、
おじいちゃんおばあちゃんにちょっと、
子供を見てもらったりベビーシッターを
頼んだりするのもまた良いですよ。

ママにも休息は必要で、少しだけ1人の
時間を作るだけでも育児が断然楽に
なるのです。

あとは、家事もいっぱいいっぱいに
なってしまったら、家事代行サービス
利用したりすることもできますよ。



便利グッズとしては、食器洗い機を買って
利用するのも食器を洗う時間を短縮できるので、
育児もラクになりますよ。


さらに、乾燥機までついている洗濯機
利用するのもオススメです。

小さな子供がいると洗濯物も増えるので、
乾燥機までついている洗濯機があると
とても便利です。

干したり、といれたりする時間も省けるので、
心にもゆとりが持つことができるように
なりますよ。

このような便利なグッズやサービスを
利用するのも一つの手です。


二人目育児はいつまで大変だった?

二人目の育児はいつまで大変でしたか? 

新生児、そして乳児の育児が一番大変
時期ですよね。

もうちょっと年齢が上がると、
ちょっと待っていてね。

ということができるのですが、
小さいときは、ちょっと待ってて!
と言っても待ってもらうことはできません。



小さな子供にとっては無理難題ですよね。

年の離れた兄弟なら、
そんな心配はないですが、年子だったり、
1歳、2歳差ぐらいはとても大変。

ハイハイや寝返りが始まった頃と同時に、
歩き出したりすれば目も手も離せなくなるので、
すごく大変になりますよね。



上の子が泣いていても、下の子の授乳中だと
どうすることもできないですし、
もうちょっと待っていていね。

と言ってもガマンもできないですよね。

そしてガマンさせている姿を見ているのも
ママとしては辛くなるし。

すごく複雑な気持ちも芽生えますよね。



2人の子供が4歳や5歳以上になってくると、
少しはラクになってきます。

お互い2人だけで遊べるようになるので
良いですよ。

テレビを見せたりすることも
できるようになるので、そうすると
ちょっと息抜きもできます。

2人で仲良くテレビをみて笑っていたりする姿
とても可愛くて仕方ないですよ。

愛情の注ぎ方も注意が必要です。

1人だけなら、その子だけ集中するだけで
よかったのですが、2人になると、
2人に同じように愛情を注がなくては
いけなくなります。

これが、また大変で(笑)ママが同じように
愛情をそそいでいたとしても、ママは
お兄ちゃんの方が好きなんだ。

とかママは下の子ばかり可愛がっている
とか言われるようになるのです。

ずるいとか、ママはOOちゃんのことが
嫌いなんだ


とかも言ってくるようになるのです。



下の子の方にどうしても手がかかり見ていると、
上の子が赤ちゃん返りをしたり、イヤイヤ期の
時期と重なったりすると、上の子が
可愛くなくなってしまうという症候群に
なってしまうこともあるのです。

産後だったりすると、
ママのホルモンバランスも崩れているので
いつも以上にイライラしてしまったり
余裕がなくなってしまったりするのですよね。

まぁとても難しい問題にもなります。

でも基本、どんなママも2人の子供は
同じくらい可愛くて仕方ないものなのです。

それだけは絶対ですと言いたいです。

上の子を優先する時間を作ってみて!

下の子が生まれたあとは、どうしても
下の子にかかりきりになることが
多いですよね。

そうすると、上の子も色々理解は
しているものの、ヤキモチをやくことが
多くなってしまうのです。

そして、どうせ下の子ばっかり、
OOのことは嫌いなんだ。
とか思うようになってしまうことも
あるのです。

我慢ばかりさせているつもりはなくても、
子供は子供なりの我慢をしているので、
それが上手に表に出せないと後で
ひずみが出てきてしまうことにも
なってしまうのです。

上の子が赤ちゃん返りをしてしまうときは、
下の子ばかりにママが関わっているので、
不安が出てきてしまう反動で
赤ちゃんがえりをしてしまうのです。

そうならないためにも、できるだけ、
赤ちゃんのお世話よりも優先的に
上の子のお世話をしてあげると良いですよ。

ママがたくさんかまってくれたり、
手伝ってくれることで、不安もなくなって
落ち着くのです。

普段1人でできるようなことでも、
ママ、助けてとか手伝って〜とか
言ってきたら、手伝ってあげてくださいね。

そのときは、甘えているので、
1人でできるでしょ。

とか自分でやりなさい!って
怒ったりしないで、一緒にやってあげる
ことがとても重要
ですよ。

たくさん褒めてあげてくださいね。

そしてたくさん抱きしめてあげてください。

下の子の方が手がかかるのですが、
たまにはパパに下の子を預けて上の子と
ママだけお出かけをするのも良いですよ。

そのときは、普段我慢している分以上に、
思いっきり甘えさせてあげてくださいね。

上の子がママにもたくさん大好きを
もらっているとわかれば、安定してきますし、
普段の生活でもママを助けてくれるようになって、
率先して下の子の面倒も見てくれるように
なりますよ。

下の子ばかりではなくて上の子との時間も
とても大切です。

ぜひ試してみてくださいね。

二人育児で疲れた時はこう考えて

上の子がママの協力や下の子の面倒を
見てくれるようになってくるとさらに
育児もぐーんとラクになってきますよ。

毎日。ほぼ24時間動きっぱなしで
家事と育児をしているママたちも
たまには休息が必要です。

2人の子供の相手をしていると、
思っている以上に体も疲れているものです。

そして、心に余裕がなくなると、
イライラも募って、家庭内も不穏な空気
流れてしまいます。

そして、子供達にとっても
とても良くありません。

たまには、子供達をパパに任せて
自分の時間を取るようにすると良いですよ。

1時間でも子供の側から離れて、
自分だけの時間を作るだけでも、
リフレッシュできリセットできるので
良いですよ。

ショッピングに行ったり、
カフェに行ったりするだけでも
気分転換になりますよ。

そして、育児で疲れた時は、子供達も
いつかは成長して手がかからなくなるんだと
思うと少し気が紛れます。

大変なのはこの時だけで、
世話をしてあげたくてもできなくなる時が
くるのだと思うと、1日1日が
愛おしくなったりもしますよ。

そのときはとても大変なのですが、
後から思い返すとそうは思わなかったりも
しますよ。

子供にとっても旦那さんにとっても
ママの笑顔はとても大切です。

笑顔を忘れないように生活を
心がけてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2人目の育児が楽になるコツを
お伝えしました。

子供が増えてさらにお家の中も
賑やかになって嬉しいことなのですが、
大変さもさらに増しますよね。

下の子供のことで手いっぱいになって、
どうしても上の子に我慢をさせてしまったり
することもあると思うのです。



でも、上の子との時間もたくさん作って
あげるようにしてくださいね。

上の子のことをいつも以上に構ってあげる、
愛情を注いであげると、上の子も安心するので
ママにたくさん協力してくれるように
なりますよ。

そうすると、育児も少しラクにすることが
できます。

そして、パパにもできることから協力を
してもらうようにしましょう。

予めしてほしいことをメモに書いて渡すと
パパもやりやすくなります。

ちょっとの助けだけでも
随分ラクになりますよ。

ママの思惑とちょっと違ったとしても、
そこは多めに見てあげてくださいね。

ママが疲れてしまって笑顔がなくなって
しまったらそれこと一大事なので、
たまにはパパに子供達を預けて、
1人の時間を作るようにすると良いですよ。

ショッピングに行ったりカフェで
のんびり過ごすだけでもスッキリしますよ。

上手にリフレッシュをしながら、
2人の育児を楽しんでくださいね!

絶対に自分1人だけで抱え込もうと
しないようにしましょう。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました