育休中に体調不良になったら!?退職を電話で伝えても大丈夫?

健康

育児休暇の期間が終わったら、
仕事を再開する気があっても出産による
思わぬ体調不良で、仕事復帰が
かんばしくないことがあります。

職場に退職の意思を伝えたいのですが、
体調も悪く子どもの預け先も難しい場合、
電話で退職を申し出ることは
非常識に当たるのか不安になりますね。

この記事では、育休中に退職を
申し出るときの電話での伝え方や
手続きについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

育休中の体調不良の伝え方、 退職を電話で伝えてもいい?

退職は電話連絡だけでできる?

電話連絡だけでの退職は基本的には
認められていません。


しかし、入院をしているなどの体調不良で
出社が難しい場合は可能な場合も多いです。

出産後、ご自身や子どもが体調不良に
なることは多く、復帰の意思が強くても
どうにもならないことがあります。

退職するならまず上司に伝えましょう。

上司に伝えた上で直接人事部のほうへ
連絡しても大丈夫だと思います。

退職を決めたならできるだけ早く
連絡をしましょう。

退職を電話で伝えるには

退職を電話で伝えるときには、
「言った」「言わない」などの
トラブル防止のために電話を
録音した状態でかけましょう。

朝や夕方などの時間帯は避けて、
まず自分の直属の上司に電話をして
退職の意思をはっきりと伝えます。

例えば「出産後、入院を余儀なくされ
体調不良で仕事を続けるのが困難に
なりましたので退職させてください」
などが無難です。

その際には「退職」という大事な要件を
電話で伝えているという
お詫びもしましょう。

「本来であれば、直接お話しなければならない
ことであるにもかかわらず、電話という形に
なってしまい申し訳ございません」
と言うのも忘れずに言いましょう。

その後、人事担当者に電話を回してもらうか、
改めてかけます。

退職の意思を伝え、勤務先への返却物や
受け取る書類について確認します。

退職を電話で伝えた後の流れは?

退職する際に、
職場から受け取る書類があります。

  • 健康保険被保険者資格喪失証明書
    (勤務先の健康保険から脱退済で
    あるという証明書。国民保健に
    加入する際に必要)
  • 厚生年金基金加入証明書(会社が
    厚生年金基金に加入していた場合)
  • 源泉徴収票(転職先での給与計算や
    確定申告の手続きで使用)
  • 退職証明書(退職後に家族の
    健康保険上の扶養者になる場合)
  • 年金手帳(会社に預けていた場合)
  • 離職票(雇用保険の失業手当の
    手続きの際に必要。退職後10日前後に
    郵送されることが多い)

退職届や返却物を持参の上、出社してほしいと言われたら

上司や人事担当者に退職届や会社への
返却物を持参の上、出社してほしいと
言われた場合は、出社の日程を相談します。

出産後、体調がすぐれないなど体調不良
などでどうしても出社できない場合は、
上司や人事担当者に退職届などを郵送で
やりとりできないか相談
してみましょう。

職場への返却物は制服や靴、名札、
社員証などがあります。

出社の必要はなく退職届などを郵送してほしいと言われたら

出社の必要はなく退職届も郵送して良いと
言われた場合は、職場への返却物や
受け取る書類を上司に確認し、
すみやかに郵送します。

制服や靴などは、各自で処分するように
言われるかもしれません。

しかし、保険証や社員証など身分証明書に
なるような重要な書類は、会社に確実に
届いたかどうかがわかる簡易書留
送るのが安心です。

育児休暇後に退職するときの注意点とは?

育児休暇後に退職するときの注意点の、
最大の点は「育児休業給付金」です。

育児休業給付金の受給要件の一つは、
育児休暇中である事です。

そのため、育児休暇中に退職するケースでは、
退職イコール育児休暇の終了を意味するため、
退職した時点で育児給付金の受給は
ストップします。

ただし、これまでもらった分については
返納する必要はありませんが、これには
賛否両論あります。

育休後に退職を伝える場合、その心苦しさから
どんな退職理由にすればいいのか
悩んでしまう人もいるかと思います。

しかし、退職の理由は正直に自身の体調不調と
育児と仕事の両立のつらさを伝えれば
良いのです。



通常でも育児と仕事の両立が難しく
体力がいる仕事です。

ここで無理をすると育児さえも
できなくなってしまう可能性があります。

職場の方も理解してくれるとは思われますが、
本当に申し訳ない」という気持ちを忘れずに、
しっかり詫びるようにしましょう。

【退職する理由とマナー】

育児休暇を取得した後に退職する人の理由

「子どもを保育園に入れられなかった」
「育児と仕事を両立する自信がない…」
「育児休暇明けの仕事が思ったより大変だった」
など、育児休暇後に退職を選ぶ人の理由は
様々です。

第一子なら尚更、出産前と出産後では
生活が一変しますので、育児休暇に入る前に
予想していたより育児が大変だった
ということが理由になったりします。

生まれた子どもに珍しい病気が見つかった、
難病でサポートが必要であるなど、
この先仕事と育児の両立に
自信がなくなることもあります。



それこそ、
「生まれてみなければ分からない」ので、
自分が思い描いた仕事と育児の両立が
難しそうだと思うこともあります。

特に責任感の強い人は、復帰することで
余計な負担を周囲に掛けることを心配して
退職を決意する方も多いです。

せっかく育児休暇を取っていて
もったいないので、自分一人で思いつめずに
育休明けに仕事復帰をしてみたうえで、
職場に相談することも一つの手です。

育児休暇を取っていると、仕事から
離れているので仕事モードの気持ちを
忘れがち
になります。

今、目の前にいる子どものことだけしか
考えられなくなって視野が狭くなっている
傾向があります。

育児休暇の時期が長いとブランクが大きく、
仕事が大変に感じて体力的、精神的に
辛くなり、退職することになります。

育児休業給付金をもらって退職してもいいの?

育休中に退職するとき、一番気にかかることが
育児休業給付金」です。

育児休業給付金の受給要件の一つは、
育児休暇中である事が条件になっています。

そのため、育児休暇中に退職するケースでは、
退職イコール育児休暇の終了を意味するため、
退職した時点で育児給付金の受給は
ストップします。

これまでもらった分については
返納する必要はありません。

しかし、育児休業給付金は多くの被保険者の
保険金から出ているものなので、
周囲の協力を無下にしないようできるだけ
仕事と育児の両立ができるかどうか
(時短など)、職場に掛け合う姿勢を
見せることも大事です。

退職はあくまでも最終手段に
しておきましょう。

育児休暇後に退職したら失業保険はどうなるの?

育児休暇の取得後に退職した場合、
肉体的には楽になりますが、
収入面では不安が生まれます。

育児休暇後の退職のケースでの、
失業保険について解説します。

結論から言って、「育児に専念する場合、
失業給付金はもらえません

育児休暇を取得して、育児休業給付金を
もらっていたにも関わらず、退職した場合で
あっても、ケースによっては
失業給付金をもらうことは可能です。

しかし、「育児に専念する」ことを理由に
退職する場合は、それは失業と
認められないので給付金はもらえません。


失業保険を受け取るには、
働く意思が必要です。

失業給付金は、働ける環境にあり働きたいのに、
仕事が見つからなくて働けない状態の人に
対する給付金です。

失業保険をもらうためには、ハローワークで
求職表を提出して、就職活動をしている
必要があります。

育児休暇の後に、ちゃんと就職活動をするので
あれば、働く意志があると認められて、
給付金をもらうことが可能です。

育児休暇後に退職した場合は一度、
ハローワークに相談すると良いでしょう。

育児を理由に離職したことで、
特定理由離職者に認めてもらえれば、
失業給付金がもらえるようになります。

条件の雇用保険の加入期間が4年間まで
遡ることができるようになります。

そのため、いったん育児に専念しても
数年後に就職活動を始める時に、
失業給付金をもらえるようになるのです。

この制度は覚えておくといいですね。

育児休暇中に退職するときのマナーとは

育児休暇中に退職を決意した際の手続きでは、
まずは上司に退職の意向を伝えましょう。

育休中でも、自分はその会社の社員である事には
変わらないのですから、しっかりとマナーを
守って報告することが大切です。

メールよりも電話、
電話よりも直接出向いて伝える方が、
誠意が伝わります。

自身が入院中など、どうしてもの場合をのぞき
会社に出向きましょう。

退職が決まったら、お世話になった職場の方へ
メールで挨拶を送るようにしましょう。

「育児休暇中に退職したい」
なんて言えないから、退職したいことを
伝えづらい場合は退職代行サービスを
考えつく方もいらっしゃると思いますが、
職場でのトラブルもなく、ただ言いづらいからと
退職代行サービスを使うのは神経を疑われます。

たとえ、出産後気持ちが変わり
仕事を辞めたくなっても、退職代行サービスなど
使わずに自分自身で退職の意思を伝えましょう。

「非常識」と言われても仕方がない行動で、
安易に退職代行サービスを使うのは
「逃げている」と思われてしまいます。

会社を辞めることが出来ても、
ずっと心にくすぶっているようで
気持ちの悪いことでしょう。

保育園に入れなかった、というのも退職の理由になる

保育園に入れなかったから退職する
というのは、立派な理由になります。

最近こそ、待機児童という言葉も
少なくなりましたが、地域によっては
なかなか保育園に入れないことがあります。

しかし、すぐには退職せずに育休を
延長することができれば、保育園から
通知が来るタイミングで会社に育休の
延長も申し出ましょう。

新型コロナの影響で、テレワークが
実地されている会社もあります。

ご主人もテレワークという場合なら、
なんとかなりそうな気もしてきます。

もちろん仕事なので甘くはないのは承知ですが、
テレワークは通勤の時間がないのですから、
子どもの支度も楽になります。

育児休暇が取得できる会社は、
働くママにとって非常に魅力的です。

しかもテレワークが導入されている
会社であれば、ベビーシッターを使って
上手く乗り切る方法
もありそうです。

辞めるのは簡単ですが、今度は再就職先が
見つからないこともあり、福利厚生の制度が
充実している会社もぐんと少なくなります。

育休後の退職に関する諸手続きを分かりやすく解説!

育休後に退職する場合の諸手続きについて
解説していきます。

まずは、ポイントですが、育休後に退職しても
育児休暇給付金の返金などはありません。

【諸手続き】

退職を決意したら会社に電話します。
できれば出社がいいですね。

電話での退職の申し出は、
後日退職届を会社へ送付。

出社する場合は退職届を持参します。

会社から書類一式(保険証や社員証など)を
返送して欲しいといわれたら郵送します。

万が一の場合を考えて、簡易書留
送ることをおすすめします。

会社からも退職に必要な書類が
送られてきます。

  • 健康保険被保険者資格喪失証明書
    (勤務先の健康保険から脱退済である
    という証明書。国民保健に
    加入する際に必要)
  • 厚生年金基金加入証明書(会社が
    厚生年金基金に加入していた場合)
  • 源泉徴収票(転職先での給与計算や
    確定申告の手続きで使用)
  • 退職証明書(退職後に家族の
    健康保険上の扶養者になる場合)
  • 年金手帳(会社に預けていた場合)
  • 離職票(雇用保険の失業手当の
    手続きの際に必要。退職後10日前後に
    郵送されることが多い)

失業給付を受給はハローワークに行って
手続きします。

夫の扶養に入る場合は、上記の離職票・
源泉徴収票が必要
になります。

無くさないように大事に
保管しておきましょう。

【退職金】

退職金制度がある場合は、3年以上勤務すれば
出る会社もあります。

会社の業績や会社ごとに
かなり違いますので、従いましょう。

【育児休業給付金】

2020年現在、今のところ育児休業給付金に
返金の義務はありません


今後、育休取得後に会社を辞める人が
増えれば制度が変わる可能性もあります。

私の友人も育児休業給付金を受け取ったあと、
会社を辞めました。

後輩が取りづらくならなければいいなと
思ったものです。

【失業保険】

離職理由、雇用保険の被保険者だった
期間によって金額が決定され、
被保険者であった期間によって
下記のように分類されます。

1年以上10年未満 :90日

10年以上20年未満:120日

受給できる一日あたりの金額を
基本手当日額」と言います。

これは、離職日直前の6ヶ月に支払われた
賃金(手当・残業代含む/賞与は除く)の
合計を180で割った金額(賃金日額)の
約50%~80%になります。

基本手当日額は下記の通り上限が
定められています。(令和2年8月1日現在)

  • 29歳以下:6,815円
  • 30歳以上44歳:7,570円
  • 45歳以上59歳:8,335円
  • 60歳以上64歳:7,150円

失業手当をもらうには、ハローワークに
出向いて受給資格の決定をしてもらう
必要があります。

その後、決まった日時の説明会に行き、
求職活動を行って実績を作っていく
必要があります。

当分の間は、子育てに専念するという場合、
受給資格の延長も行えるので早めに
ハローワークに行きましょう。

【住民税】

育休後に退職して雇用保険を受給している場合、
住民税を減免してもらえます。

自治体によって減免率が違うので、
確認してみましょう。

市役所の市民税課に次の書類を持参すると、
目の前で計算してくれますので、
その後に申請書を書いて捺印するだけです。

  • 印鑑
  • 住民税の納付書
  • 雇用保険受給資格者票
  • 源泉徴収票(昨年の所得の記載があるもの)

育休から復帰せず退職すること

妊娠中は、育児の大変さを周囲から
聞いていても、どこか他人事のように
思うことがあります。

子どもの性質によっても育児は
違ってきますので、まさか育児が
こんなに大変だったなんて!
と思うことも少なくありません。

まだ話せないわが子の育児に奮闘し、
精神的にも体力的にも毎日疲れてしまう
こともあるでしょう。

仕事と育児の決定的に違うことは、
育児は計画通りにはいかないことです。

子どもは自分の思うようにはいかない
難しさを痛感することでしょう。

そんな中で仕事の育休期間終了が
近づくにつれて、不安がよぎるのは
当たり前の事です。

家事、育児に加え、仕事まで始めた時、
本当に全部こなせるの?
と不安になりますよね。

しかし、この先子どもの手が離れた時に
同じような仕事につけるか、また子供は
成長するとどんどん子供にかかる費用も
増えていきますのでそういった面も
やりくりできるのかなどを
まず考える事が大事です。

収入面に余裕があるならば問題ありませんが、
慣れない育児に追い込まれた状況の中での
判断は良くありません。

本当に退職してもかまわないのかを
もう一度よく考えなおしてみる
必要があります。

一人で悩まずに、
ご主人とも話し合いましょう。

なんといっても話す相手はご主人です。

案外、いい案が出てご主人も育児休暇を
取得する運びになるかもしれません。

退職はあくまでも最後の手段に
しておきましょう。

そして、いざ退職の決心がついたら、
会社に連絡しましょう。

できれば電話ではなく
直接会社に行ったほうがいいです。

引継ぎがある場合は時間を頂きましょう。

育休後に退職するのは、心苦しいですが、
そんなときこそ挨拶を確実にします。

お世話になった会社です。
引き際はきちんとしたいですね。

まとめ

育児休暇中の退職は、電話での連絡のみで
退職することは、基本的にはやっては
いけません。

あなたに続いて育児休暇を取りたい後輩は、
変な退職の仕方をされると育児休暇が
取りづらくなってしまいます。

意思と反した体調不調は仕方がありません
ので、退職を決めたら早く職場に
伝えましょう。

本来であれば出社して退職すべきところを、
電話での非礼をお詫びする気持ちを
伝えましょう。

もし、出社できるようなら、できる限り
会社に行き誠意を伝える姿勢が社会人に
とって大事なことでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました