夏休みの工作は紙粘土で決まり!周りに差をつけ褒められよう!

子育て

夏休みの工作は、毎年悩むトコロですよね。

なかなか決まらないのは、みんなと違うチョットカッコいい
周りと違うモノを作りたいからなんです。

工作というのは、みんな同じなのですが、周りに差がつく
褒められちゃうような紙粘土の工作を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏休みの紙粘土工作はこんなに簡単なのに実用的⁉︎

今では、市販されている工作キットがたくさんあります。

そのキットを使うのもひとつの方法なのですが、今回は、
なるべくお金をかけず家にあるモノで手軽に出来る貯金箱を
作ってみたいと思います。

「貯金箱」

[材料]

  • お菓子の円柱のミニサイズを用意しましょう。
  • 工作の前にみんなでおやつタイムをしてから作って下さい。
  • 軽量紙粘土という柔らかい紙粘土を使います。
  • 飾りに貝殻、ビーズ、スパンコール、ジュースのふた、
    キャップなど。
  • ニス

[作り方]

  1. お菓子のふたに、コインを入れる穴をハサミで切ります。
    500円玉が入る大きさに切ります。
  2. 貯金箱の本体となるふたと本体の円柱つなぎ部分を
    セロテープで外れないようにシッカリとめます。
  3. 円柱のまわりに紙粘土をのばして貼り付けていきます。
    最後は、紙粘土のしわを伸ばして表面をツルツルにしましょう。
  4. 紙粘土で覆った貯金箱に自分の好きなモノ、
    女の子なら貝殻やビーズ、スパンコールなどを、
    男の子ならジュースのフタやキャップなどを
    ギュッと押しながらくっつけます。
  5. 紙粘土貯金箱に飾り付けができたら、
    上から筆でニスを塗って出来上がりです。

「写真立て」

[材料]

  • 写真立て(100均であるモノ)
  • 水彩絵の具と筆
  • 飾りにビー玉や貝殻、クリアストーン、ボタンなど。
  • 木工用ボンド
  • ニス

[作り方]

  1. 写真立てのフレームの部分に色をつけた紙粘土を貼り付けます。
  2. フレームの貼り付けた紙粘土に飾りのビー玉や貝殻、
    ボタンなどを、グイッと押すように埋め込みます。
    大きすぎる飾りは、木工用ボンドでつけます。
  3. ニスを塗れば完成です。

「ぺんたて」

[材料]

  • ペンを立てられるもの(空き缶、紙コップなど) 1つ
  • 紙粘土
  • 飾りにビーズやビー玉、貝殻、タイルなど。
  • ニス

[作り方]

  1. 紙粘土を容器の口の周りと外側に厚めに貼り付けていきます。
  2. 1にビーズやビー玉、貝殻などで飾りをつけますよ。
    付けにくい時はボンドでつけましょう。
  3. ニスを塗って完成です。

「マグネット」

[材料]

  • 紙粘土
  • マグネット
  • 絵の具と筆
  • ニス
  • 好きなクッキー型
  • ボンド

[作り方]

  1. 紙粘土を平らに伸ばして広げ、クッキー型で型抜きします。
  2. 型抜きした紙粘土の形を整えて、よく乾燥させて色を塗ります。
  3. 絵の具が乾いたら、ニスを塗って乾いたら
    裏にマグネットをボンドで付けます。

夏休みの工作粘土特集!低学年でもこんなにうまく作れちゃう⁉︎

紙粘土は、お手頃で低学年にも人気の工作です。

紙粘土は、100均でも売ってますから気軽に
たくさん買うコトもできますよね。

紙粘土で小さな工作もイイですし、
大きな工作も見栄えがする作品となって、
みんなから注目されるコトでしょうね!

ここでは、低学年でもカンタンに作れちゃう
粘土工作を紹介しますね。

まず、何を作るかよ〜く考えましょう。
土台には、牛乳パックをつかいましょう。


その土台に紙粘土を貼り付けていって
自分の好きな形にしていきます。


男の子なら恐竜でもイイですし、
車やロボットなんかもイイですよね。


女の子なら小動物のうさぎ、ねこ、イヌも可愛いですし
個人的にはパンダもイイと思いますよ。

形が出来上がったら、シッカリと乾かしてから
絵の具で色を塗っていきましょう。

仕上げにニスを塗れば紙粘土がより長持ちしますよ。

あとカンタンに出来ちゃう小物入れは、どうでしょうか?
指で紙粘土を好きな形に作っていきます。


平べったいお皿のような形にしてもイイですし、
ちょっと高さのある小物入れでもイイですよね。

自分だけの世界に一つしかない小物入れです。
誰かとかぶってしまうコトなんて絶対ありません。
色を塗ればもっと自分らしさがでてイイかもしれませんよ。

コレならチョット集中力が難しい低学年サンでも
安心して工作できちゃうコト間違いありません。

まとめ


紙粘土は、幅広く愛されている工作です。
オトナになってからも十分趣味として楽しめるモノですから
奥が深い工作だなぁ〜と思います。

低学年サンの工作にもぴったりなんですよ!
自分の好きな気に入ったカタチに出来るのが
イチバンの楽しみだと思います。


指先で、紙粘土をコネコネするのも、
とっても気持ちがイイですし楽しいのです。


そして作品が出来上がった時のアノ感動も
ウレシイものなんですよね〜。

小物入れや、ペン立てや、写真立てなど
かなり実用的なモノが作れますから作った後も
自分で使うコトができて何だかウレシイですよね。

みなさん!今年の夏休みの工作は、
世界でたったひとつしかない
自分だけの紙粘土工作にしてみませんか?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました