腹帯はいつから?二人目の時は新しいのを買うべきなのでしょうか?

イベント、行事

初産婦さん・そして、経産婦さんでも、
この疑問を抱く方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

腹帯はいつから?
と疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。

妊娠をすると、今まで全く知らなかったような行事が
たくさん増えていきますよね。

子供の為に1番初めに行う行事が、
妊娠5ヶ月目戌の日の安産祈願です。

元気な子が産まれますようにと言う願いが届くための、
戌の日のお参りについてのこと、

そしてお母さんのお腹と赤ちゃんを守る腹帯について、
また二人目以降はどうするのが本当なのか、説明して行きます!

参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

【腹帯はいつから着けるのが正解?】

基本的に、腹帯は、いつからしましょう!
という正確な決まりはありません

しかし、安定期に入り、おなかが大きくなり始める、
妊娠5か月の最初の戌の日に、安産祈願のお参りに
行くという方も多くいらっしゃると思います。

妊娠5か月ころから、妊娠も安定期に入っていくということ、
また、少しずつおなかが大きくなってくるという点で、
このころから必要になってくることが多いでしょう。

1人目の場合には、まだあまりおなかも大きくなってないという
ことも多いですが、1度大きくなったおなか、2人目の妊娠は、
5か月よりも前におなかが出てくるということもあります。

その場合には、早めに使用してもよいでしょう。

【腹帯は根拠がない?意外と知らない、腹帯の由来とは?】

腹帯とは、妊娠中のママのお大きくなっていくおなかを
サポートしていく役割を持っています。

また、支えるだけでなく、妊娠中には、大敵の冷えから、
おなかを守ってくれるという役割を持っています。

腹帯はいつから?と疑問に思う方も
多くいらっしゃると思います。

基本的に、腹帯は、いつからしましょう!
という正確な決まりは、ありません。

しかし、安定期に入り、おなかが大きくなり始める、
妊娠5か月の最初の戌の日に、安産祈願のお参りに行く
という方も多くいらっしゃると思います。

妊娠5か月ころから、妊娠も安定期に入っていくということ、
また、少しずつおなかが大きくなってくるという点で、
このころから必要になってくることが多いでしょう。

1人目の場合には、戌の日を迎えてもなお、
まだあまりおなかも大きくなってないということも多いですが、
1度大きくなったおなか、2人目の妊娠は、5か月よりも前に
おなかが出てくるということもあります。

その場合には、早めに使用してもよいでしょう。

この日から、腹帯を付けなければいけない!
という決まりはありません。

おなかの大きさには個人差もありますので、
おなかが大きくなってき始め、
きつくなってきたな、と感じ始めたら使い始めてよいでしょう。

【二人目の時は新しいのを買いますか?】

必ずしも、購入しなければならないとは限りません。

上のお子様とあまり年が離れていない場合などは、
まだまだ使えるという方も多くいらっしゃるでしょう。

そういった場合は、買い替えるということは
しなくてもよいでしょう。

しかし、最近の腹帯は、晒を使用するという方は
少ないのではないかと思います。

その場合、腹帯は、マジックテープのものを使用する方が
多くいらっしゃると思います。

そんな方は、やはり、使用し、洗濯を繰り返すことで、
マジックテープが劣化してしまっているということも
あると思います。

マジックテープがすぐにはがれてしまうような
腹帯を使用するのは、おなかを支えるという役割を
果たせるとは思えず、あまりお勧めできません。

ですので、神社さんに祈願に行く前に、
1度まだ使用することができるものなのかを
確認してみることをお勧めします。

また、洗い替え用に、1枚だけ買いなおすというのは
いいかもしれませんよね。

【腹帯は根拠がないのですか?由来は?】

腹帯とは、妊娠中のママのお大きくなっていく
おなかをサポートしていく役割を持っています。

また、支えるだけでなく、妊娠中には、大敵の冷えから、
おなかを守ってくれるという役割を持っています。

日本では、主に、妊娠5か月の最初の戌の日に、
神社へ行き、安産祈願をして、おなかに巻くという
風習があります。

この儀式を帯祝いといい、儀式の際に使用する帯を祝い帯
岩田帯という長い帯です。)(晒のようなもの)

この帯には、岩のように丈夫な赤ちゃんが生まれますように
という願いが込められています。

私の母が妊娠している時代には、この腹帯を、
戌の日のお参りの日に、産婦人科さんで巻いてもらい、
安産祈願に向かっていき、帯をつけた状態で、
安産祈願をしてもらっていたそうです。

しかし、私が、以前出産の際には、そういった風習はなく、
自分で購入した腹帯を持参し、神主さんにお渡しし、
帯も祈願していただきました。

そして、祈願していただいた帯を、自宅に帰った後に、
母に巻いてもらい、帯の中に、神社でいただいた
購入した安産祈願のお守りを一緒に挟み、
元気な子が生まれますように、と自宅で願いました。

私は、近所の、一般的な神社(最寄りの私たちにとっては、
すべてそこの神社でお願いしているので、その神社にしました)
で参拝していただきました。

そのため、神社側から特別な、
帯の準備等話されていなかったため、自分たちで、西松屋や
赤ちゃん本舗のような場所で購入した腹帯を持参して
祈願していただきました。

しかし、神社によっては、
準備をされた腹帯をお祓いしてからつけてください。
という神社もあり、持ち込みは禁止されているところも
あったり、事前に腹帯を巻いてきてください。

その腹帯をつけた状態のままをお払いしますという
神社さんもあります。

参拝予定の神社さんが、どういった状態を
受け入れてくださるのかというのは、予約の際に、
確認しておく必要がありますね。

また、安産祈願や、不妊のため、子宝を主としている、
神社さんに参拝した場合は、神社さんが特別な晒の準備を
してくださっているというところもありますよ。

そのさらしを、赤ちゃんが無事に生まれ、1歳になった際に、
お礼参りに行く際に持っていくと、そのさらしに、
手形を取っていただけるという神社も私の住んでいる近所の、
子宝神社ではありました。

そういった、安産・子宝に特化した神社を探すということも、
いい思い出になるかもしれませんよ。

【先輩ママが教えます!戌の日っていったい何!?二人目も行ったほうがいいもの!?そんな疑問にお答えします!】

戌の日とは?

戌の人は、十二支の戌の戌です。
動物の犬のこと。

戌は、多産でありながら、お産がとても軽いということから、
安産の守り神として親しまれてきました。

犬のお産のように、安産でありますようにという願いを込め、
12日に1度やってくる、戌の日に、安産祈願をするように
なったのです。

腹帯ってなに?

戌の日のお参りは2人目以降もするの?
腹帯は新しく買った方がいいの?
戌の日のお参りは2人目以降もするの?

様々な疑問を抱く方も多くいらっしゃるかと思います。

1人目と差があることで2人目が傷つかないのかと不安?

最初の子の際には、両家の両親、そして、
夫婦で戌の日のお参りに行くという方も少なくありません。

(両家が地元の場合特に)また、その参拝には、きちんと、
初穂料をお支払いし、神主さんにお祓いをしていただく、
という方が多くいらっしゃると思います。

しかし、2人目となると、両家の両親までお願いするという方は
少なくなってくると思います。

夫婦そして、上の子と3人で行くという方も多いでしょう。

また、戌の日に!とこだわる方や、旦那様の仕事の都合が
なかなか合わないという方は、実母と上の子と3人で行った。
という方もいらっしゃいます。

家族で行く。という方は、神社さんにお祓いまでしていただく
という方が多いようですが、実母といった、1人で行った。

という方に関しては、お祓いまではしてもらわず、
手を合わせて帰ってきた。という方も多くいらっしゃいます。

1人目と差があることで2人目が傷つかないかという件の
悩みに関しては、戌の日のみではなく、きっと
これからたくさんの行事においてそうなってくると思います。

しかし、そこに、愛情が2人目にないから差をつけている。
というならば、傷つくと思います。

しかし、愛情という点で変わらないですよね。

初めてのことはわからないことも多く不安だからこそ、
すべて行っていくものの、2回目以降は、
要領も分かってくるということで、必要な、重要なところは
行うけれど、だんだん簡素化してくるということは
当たり前なので、あまり気にしないようにしましょう。

安産祈願をしてもらわないことで安産かどうかが変わってこないのか不安?

やはり、無事に、大きく育ちますように、
おなかに宿してくださりありがとうございます

という思いを込め、戌の日のお参りはいけるのであれば
参拝しておいたほうがいいでしょう。

しかし、5か月の安定期といっても、
妊婦さんは何があるかわかりません。

その時期は、まだつわりが続いていて
きつい時期という方も多くいらっしゃいます。

そんな中、体調が悪いにもかかわらず、
戌の日のお参りはしなければいけない…と体調を省みず、
はってまで行く必要は全くありません。

そんなことをしてしまっては本末転倒!

無事に生まれますように、無事に育ちますようにのお参りです。

また、赤ちゃんが無事に成長していくためには、
ママの体あってのことです。

ママの体を第1に考える。ママの体調が良ければ行く。
そのくらい軽く考えましょう。

また、現在はコロナの関係で、
神社さんに行くのってどうなのか…

不安に感じる方もいらっしゃると思います。

そういった方も、無理していくのではなく、そんな場合には、
戌の日に、心を込めて家から手を合わせるというだけでも、
よいと思いますよ。

念ずれば報われるのです。

【戌の日のお参りは二人目以降もする?】

安産祈願の戌の日のお参りです。

この子も無事に生まれますようにというお願いをするための
安産祈願です。

前の子が安産だったから今回はいいかな。
ではないですよね。

なので、だんだんと簡素化していったとしても、
何人目だとしても、ママの体調が許せば
安産祈願は行っておくとよいでしょう 

おすすめの腹帯

腹帯には、いくつか種類があります。
ご紹介していきます。

腹巻タイプ

腹巻タイプは、おなかまですっぽりと覆ってくれるので、
おなかの冷えから守ってくれます。

帯というよりも、
腹巻をイメージしたほうがいいかもしれませんね。

トイレなどに行った際にも、位置がずれにくく、直しやすい、
ということがおすすめポイント、しかし、おなかを支えるという
役割には欠けるという点もあります。

大体は、この、腹巻タイプのものと、サポートベルトタイプを
合わせて使うのではないでしょうか?

私はそうやっていました。

冬場の妊婦さんにはおすすめですが、
夏場の方は、暑いかもしれません。

サポートベルトタイプ

サポートベルトタイプの腹巻は、大きくなったおなかを
下から支えてくれるようなものになっています。

マジックテープなどで、おなかに自分でまきつけていきます。

そのため、妊娠初期のおなかのまだ目立たない時期から、
大きくなった時まで、使用することができるということが魅力。

また、柔らかい素材でできているため、座ったり立ったりと
姿勢を変えることが多い場合には、大きくなったおなかが
食い込みにくいという点がおすすめポイント。

物によっては、ホールド感が甘く、1人目や初期の場合は
問題ないですが、大きくなったおなかには、
支えが物足りないと感じることも。

骨盤ベルトタイプ

骨盤ベルトタイプは、細いベルトのようなものになっており、
骨盤のケア・恥骨のケアをしてくれます。

有名なものは、”とこちゃんベルト”というものですよね。
私も持っています。

私は、妊娠期間中、謎の恥骨痛に苦しめられましたが、
この、とこちゃんベルトをすることによって、
痛みが和らぎました。(しているときのみ)

骨盤が痛い、恥骨が痛い方には、非常にお勧めです。
また、産後まで使用するという方が多くいらっしゃるものです。

骨盤を守ってくれるものになっているので、
おなかのホールド感はないです。

また、大きくなったおなかには、食い込んできて、
固い素材でできているものも多く、私は、立ったり座ったりを
繰り返す職業だったことから、使えませんでした。

また、帝王切開ママも、産後は、傷に当たるため、
使用する方は少ないかと思います。

また、とこちゃんベルトに限りますが、仰向けに寝転び、
腰を浮かせ、内臓を上半身に戻してから巻くといった
イメージなので、トイレのたびにそれはできないという点が、
使いづらいかなと思ってしまう商品です。

とこちゃんベルトは、新品で購入する場合には、
6000円弱するもので、なかなかのお値段します、

しかし、最近は、フリマアプリにもたくさん出ていますよ♪

つけ方の説明書がないという商品でも、YouTubeなどで
正しいつけ方を紹介していますので、それを見て、
それでもわからなかった場合には、
助産師さんに聞いたら教えていただけますよ♪

晒タイプ

本来は、腹帯というのは、こちらなのでしょう。
昔はこれを使用していました。

しかし、晒タイプは、巻くのに時間がかかるため、現在も、
販売されていますが、すみません。

私は、使用したこともなく、友人も使用したという話は
聞いたことがないため、何ともお伝えしがたいものです。

しかし、一番リーズナブルで、また、「岩田屋」と
しっかりとプリントされており、犬のイラストも描いてある
晒もあります。

神社の祈願用に購入する方もいらっしゃるのだと思いますよ。
本来の縁起物ですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

1人目妊娠の時には、様々な行事をくまなく行ってきた。

という方も多いでしょうが、2人目となると、
上の子のお世話もあったりで、なかなか毎日バタバタと
過ぎてしまい、いろいろなことが抜けてしまう…。

というかたもいらっしゃると思います。

しかし、授かった命は、とっても大切な命ですよね。
体調が許せば、また、コロナの状況もあると思います。

そういった状況の合間があれば、ぜひ、お参りに行って、
神様に、ご挨拶をしてきてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました