夏休みに宿題が終わらない子供を持つ親必見!子供が自発的に宿題をするようになる交渉術!!

子育て

長〜い長〜い夏休みですから、「まだまだ大丈夫!」って
思っちゃうんでしょうね。

子ども達は、きっと。。。

ところが気がつくと長かった夏休みは、
終わり間近になってしまっているのですよ!

そこで大慌てで夏休みの自由研究の宿題に取りかかるのですが、
なかなか終わらずコチラは、イライラガミガミと
言ってしまうのですよ。

ここでは、そうならないように子供が自発的にサッサと
宿題をしてくれる交渉術を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏休みの宿題で人気の自由研究!これが最新の自由研究だ!

夏休みの宿題の自由研究って、
どうしてもついつい後回しにしてしまいますよね。

それは、宿題ナンかよりも遊ぶ方がウ〜ンと
楽しいからですよね。

うん、うん、わかりますよ!

では、宿題を楽しいと思えれば、
子どもだけでサッサと進んでやるってコトですよね。

自由研究っていうのは、机にジーっと座ってドリルを
がむしゃらにカリカリすることはありません。

自由研究のテーマをうまく見つけるコトができれば、
夏休みの宿題でもとても楽しくなって充実するんですよね。

有意義な夏休みを過ごすためにも、
楽しい自由研究のテーマを探してみませんか。

「バナナうんちが出た!」という一見勉強からほど遠い
変わったように見えるテーマでも、うんちは立派な
「生物分野の学習」なんですよね。

こういったオモシロイテーマだったら子どもは、
ゲラゲラ笑ってウケながら研究を喜んで
始めてくれるのではないでしょうか。

この他にも普段の生活の中で疑問に思っているコトや
不思議に思うコト‥。

ナンでもイイのですよ。

子どもが今、興味を持っているコトが大前提なのですからね。

真面目にカタッ苦しく勉強っぽいテーマだけを
選ぶ必要はないんですよね。

そんなテーマだからなかなか自由研究がはかどらず、
ついつい後回しにしちゃって夏休みが終わる間近に
なってしまうのですよね。

そうして、親はイライラ、ガミガミ‥言ってしまうのです。

楽しい自由研究のコツは、子どもにとって興味のある
オモシロそうなコトから、勉強的な要素を見つけ出して
あげるコトなんですよね。

夏休みに英語をしよう!小学生からできる英語学習!

長〜い長〜い夏休みですから、その夏休みの間に
英語の学習をするのもイイかもしれませんね。

遊び感覚で楽しく英語を学習するのなら、カタカナ英語
集めてみるというのもオモシロイかもしれませんね。

日本には、ひらがな、カタカナ、漢字を使う文化があります。

現在使われているカタカナ英語の多くには
外来語の意味を持っているものがあります。

例えをいいますと「バナナ」は「banana」の英語から
きています。

そんなカタカナ英語には、英語と発音が似ているものから、
英語とはホドとおいモノまでイロイロあります。

カタカナ英語と正しい英語、そして、ほどとおいモノは
なぜそう言われるようになったかも調べてみるのも
イイかもしれませんね。

日本の中で使われている英語の不思議が
わかるかもしれませんよ。

次の英語の学習は小学校低学年から出来る
チョーカンタンで楽しいモノです。

自分の知っているカタカナ英語をイラストに書いて
たくさんの自分だけの英語カードを作ってみましょう。

カラフルに色をつけるとより楽しいカードになりますよね。

自分でイラストを考えて作るコトは、英語力アップにも
なりますしイラストを書くコトじたいは、遊び感覚で
とっても楽しめますよね。

カンタンなカタカナ英語で、何でもイイのですよ。

くだものや食べものやスイーツなど美味しそうなモノから
スポーツまで楽しいカードをたくさん作って、
家族みんなで楽しみましょう。

コレだったら「自由研究をしている!」という意識は
まったくなくって「楽しく遊んでいる!」というウキウキとした
気分で自由研究が出来ちゃうのではないでしょうか。

最後の英語の学習は、英語の国名と国旗を
調べるのはどうでしょう。

スぺイン(Spain)

アメリカ(America)

多少発音は違うものの日本で呼ばれている名前と同じモノや、

スイス(Switzerland)

ドイツ(Germany)

など日本で呼んでいる名前とは違った国の呼び方を知るのも
新しい発見があって、楽しいですね。

先ほどのカードにイラストを書くように国旗をカードに書いて
国名を当てるゲームをするのも楽しいですよね。

こちらもカードを作った後、
家族みんなで楽しめるのでイイと思いますよ。

まとめ

このように夏休みの自由研究はシッカリ、カチッとした
お勉強ではなく遊びの要素マンサイの自由研究のテーマ
だったとしたら子どもも楽しく出来ちゃうと思うのです。

イラストを書いたり、世界の国を調べてたり
何だか夢のある学習のような気がしませんか?

コレだったら、夏休みの自由研究もはかどるのでは
ないでしょうか。

今年の夏休みは、早く自由研究が終わるコトを
楽しみにしていますよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました