ローソン《シナモロールまん》はなに味?食べ方に注意が必要って本当?

話題のグルメ

ローソンから2020年9月15日(火)に九州地域限定で『シナモロールまん』が発売されました。

前回、2020年2月に全国のローソンで発売され、愛らしい姿が話題となり何件もローソンをはしごしても買えない人が続出するほどの人気でした。

今回は九州地域限定発売とのことで、SNSでは

「買いに行ったけど、売ってない!」と嘆いている方がすでに多数いらっしゃるようです。

公式サイトの表記が少し小さかったので、見落としてしまうのも無理ないです…。

今回はシナモンみたいな名前だけど、『シナモロールまん』は実際なに味なの?可愛い見た目、食べ方に注意が必要って本当?を詳しくお伝えいたします。

ローソン『シナモロールまん』ってなに味なの?シナモン味?

 『シナモロールまん』はサンリオの人気キャラクター、シナモンをモデルにした中華まんです。

名前にシナモンとついているのでシナモン味と思われがちですが、中身は白あんです。

少しややこしいのですが、キャラクター名はシナモンで、シナモンの仲間たちをまとめてシナモロールというそうです。

『シナモロールまん』のあんは、しっとりとした上品な甘さで白あんがたっぷり入っています。
ただ、甘すぎないあんこなので、ぺろりと食べきれてしまいます。

あんこが苦手な方でも、甘さがしつこくなく「食べられた」という方もいるようです。

キャラクターものの新作は見た目だけで、味はイマイチ…というのが多い中、『シナモロールまん』は味の満足度も高く仕上がってます。

さらに白あんの主原料は白いんげんなのですが、白いんげんには食物繊維、カルシウム、ミネラル、鉄・亜鉛などの体を作るのに必要な栄養素が含まれているので補食としての間食にぴったりなんです。

罪悪感なしでおやつを食べられるのは、うれしいですよね。

カロリーも210キロカロリーと間食にちょうどいいカロリーと、見た目はこぶりですが、生地がモチモチしているので食べごたえは十分にあります。

『シナモロールまん』、食べ方に注意!

まっ白な体にチャームポイントの大きく垂れさがった耳、青い目とピンク色の頬。

シナモンの特徴をしっかり表現されていて、見ているだけで可愛くて、癒されますよね。

ボリュームのある立体的な耳は、思わず指でふにふにしたくなります。

正面が可愛いのはもちろんですが、ハムスターがまん丸になっているときのようなぽってり感のある後ろ姿もまた癒しです。

ちなみに敷紙にもシナモンが印刷されています。

見た目が可愛いのはもちろんですが、生地のモチモチ感とふにふに感を体感すると愛着が沸き、余計に食べづらくなってしまうので長時間の観賞は要注意です!

そんな可愛すぎるビジュアルに「可愛すぎて食べられない!」とSNSで悲鳴の声が上がっております。

ただ、意外と正面から真っ二つにして食べている方も多いようです。

罪悪感を感じながら食べるのがたまらにそうです。

まとめ

2020年9月15日(火)にローソンから発売になった『シナモロールまん』の中身は、すっきりとした甘さの白あんが入っていおり、大きく垂れさがった耳と、愛らしい姿のモチモチとした中華まんは、正面から真っ二つに割って食べるには勇気がいることがわかりました。

九州地域限定とのことで楽しみにされていた方も多い『シナモロールまん』の再発売。

残念なことに九州地域の方しか食べることができません。

九州に住んでいる方は見つけたらぜひ、食べてみてください。

おすすめ記事↓↓↓

ローソンのからあげくん紅生姜味気になるカロリーは?美味しいアレンジの仕方もご紹介!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました