金多留満の秋富士羊羹は通販できる?店舗とメニューも紹介

話題のグルメ

金多留満の秋富士羊羹が、

10月3日の王様のブランチで放送されました。

金多留満の秋限定の「秋富士羊羹」は、

紅葉をイメージしたという秋色と、

富士山の模様の組み合わせがとても美しく、

また、写真映えすることもあり、

注目を集めています!

金多留満は、

山梨県に店舗を構えております。

遠くて行かれないけど食べてみたい!

という方のために、

通販でお取り寄せ出来るのか調べてみました!

また、

店舗と他のおすすめメニューもご紹介したいと思いますので、

是非参考にしてください!

スポンサーリンク

金多留満の秋富士羊羹は通販できる?絶対おすすめのポイント

金多留満の秋富士羊羹は、

金多留満のオンラインショップでお取り寄せすることが出来ます

値段は、税込1500円です。

送料は、全国一律税込660円です。(1配送先につき)

また、1つの配送先の合計金額が税込7000円以上で送料が無料になります。

秋富士羊羹は常温での配達ですが、

別途クール便対象商品を購入する等の場合、

送料が変わってきますので、

金多留満のオンラインショップにて詳細をご確認ください。

金多留満は通年で定番商品の富士羊羹を販売しておりますが、

秋季限定で「秋富士山羊羹」を販売しています。

秋富士羊羹は、

厳選された二種類の柿を使用したオレンジ色の羊羹が、

富士の麓の秋の紅葉を表現しています。

そして富士山の部分は、

北海道産の厳選された小豆を使った、

小豆羊羹で作られております。

別名「やまよそおう」と名付けられた、

この「秋富士羊羹」は、

オレンジ色の背景に浮かぶ富士山が、

なんとも秋らしく、

そして美しい一品となっています。

金多留満の秋富士羊羹の店舗とメニューを紹介

金多留満は、

山梨県内に本店、河口湖畔店、石和店の3店舗構えています。

本店の住所は、

山梨県南都留郡富士河口湖町船津7407です。

営業時間は、

夏(4〜9月)は9時〜19時、

冬(10〜3月)は9時〜18時、

定休日は無しです。

河口湖畔店の住所は、

山梨県南都留郡富士河口湖町河口3019-1、

石和店の住所は、

山梨県笛吹市石和町窪中島78

となっています。

河口湖畔店と石和店の営業時間と定休日は

金多留満公式ホームページ上で確認出来ませんでしたので、

ご心配な方は訪問前に、

お電話にてご確認ください。

河口湖畔店TEL番号(0555)76-8700

石和店TEL番号(055)288-8900

金多留満は明治44年に、

富士山の麓富士吉田市に創業した

老舗の和菓子屋さんです。

すべてのお菓子に、

名水百選の忍野八海と称された、

富士山の伏流水を用いています。

金多留満は、

今回ご紹介した「秋富士羊羹」を始め、

富士山羊羹シリーズが有名です。

特に注目なのが、

毎月22日(フジの日)に223(フジサン)本限定販売される、

「富士の錦」です。

春夏秋冬の富士山を1本の羊羹の中で表現しているので、

異なる色・香り・味を1本の中で4度も愉しむことが出来るのです!

価格は、税込2230円です。

こちらは店頭販売及び、

通販でのお取り寄せも可能です!

(店頭販売・通販あわせて223本限定)

1本で四季を味わうことの出来る、

「富士の錦」も是非チェックしてみてください!

まとめ

金多留満「秋富士羊羹」は、

山梨県内にある直営店3店舗で購入出来るほか、

通販でのお取り寄せも可能です!

「秋富士羊羹」は、

柿を使ったオレンジ色の羊羹を背景にした、

小豆羊羹の富士山がとても綺麗で、

味でも目でも秋を愉しむことが出来る羊羹です。

ご自宅用はもちろん、

手土産やプレゼントにしても喜ばれる一品だと思います。

金多留満の「秋富士羊羹」、

秋限定での販売ですので、

是非お見逃しのないようにしてくださいね!


富士山が浮き出る【富士山羊羹】和菓子 抹茶スイーツ 和スイーツ スイーツ 羊羹ようかん 抹茶羊羹 抹茶 銘菓 お土産 山梨 山梨県 お取り寄せ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました