2人目産休後、育休中に上の子の保育園は継続できる?

子育て

産休を取って2人目を産んでその後育休を取るとき、
「上の子」の保育園は退園と言われてしまう
場合があります。

そんなこと言われたら「えっ?」と思いますが、
保育園は、保育が必要だと客観的に認められた
子どもと保護者が利用できる施設です。

育休中は
「上の子の保育が必要で、できれば継続して利用したい」
と思っている親御さんも多いですよね。

ここでは、2人目の育児休業中でも
保育園に継続することができるのか、
継続の条件はどのような場合なのか見ていきます。

スポンサーリンク

育休中は上の子が保育園を退園になる?継続入所条件と申請方法を解説!

育休中に上の子は保育園(保育所)を退園になるの?

働いているママが2人目を出産し、
その子の育児で育児休業の取得を考えたとします。

しかし、2人目の育休を以前から、
「上の子」が保育園に通っていた場合、
保育園は退園になってしまうのでしょうか。

たしかに、2人目の育児休業が始まれば、
保護者が自宅にいる時間が一般的増えますね。

そうなると保育園側では保育が必要とは
必ずしも言い切れなくなってしまいます。

保護者としては

  • 「下の子の育児で心身疲れているときに、
    上の子の相手はできない」
  • 「保育園でお友達とふれあいがあったほうが
    子どもの環境にもよい」
  • 「退園させてしまうと、育児休業を終えた時点で
    入れる保育園があるのか」

といった本音や考えがありますよね。

特にママの場合は、出産後の体調変化や体調不良など
予期せぬ事態になる場合もあります。

新生児のお世話は昼も夜もありませんから、
体力的、精神的にも大丈夫かと不安にも感じます。

できることなら、育児休業を取得中でも
「上の子」を継続して保育園に
預かって貰いたいですよね。

上の子を預かってもらうには、
「継続して利用が必要」と認められた場合には
預かってもらえます。

継続して利用が必要だと認められる場合

「継続利用が必要」と認められる場合は、
子ども支援制度の下で「保育の必要性」が
客観的に認められた場合は、
保育園の利用が可能になります。

その「保育の必要性」の条件とは、

  • 妊娠や出産時
  • 育児休業取得時に、既に保育を利用している
    子どもがいて継続利用が必要であること
  • 同居又は長期入院等している親族の介護・看護
  • 保護者の求職活動
  • 両親(保護者)の病気、障碍

など親族の介護・看護をしているときでも
子どもの保育園の入園は認められています。

2人目の育児休業を取得しようと考えたときに、
それ以前から上の子が保育園に通っていて、
さらにその子の保育所の継続的な利用が必要だと
認められる状況に限っては、
通園が認められるようになっています。

親(保護者)の事情

上でも述べましたが、親(保護者)の病気や
障碍などの健康状態が良くないとき。

同居家族や実家、親族に介護が必要としている
ときなど、2人目と上の子の育児が困難な場合は、
継続入所が認められる可能性があります。

最終的には、市町村が児童福祉の観点から
必要と認めるとき自治体によって判断されます。

自治体の待機児童の有無によっても
大きく変わってくるでしょう。

私の知っている人では、専業主婦ですが
母親自身が「うつ病」なため、
認定保育園に入れている人がいます。

子どもは1人なので、子どもも預けてしまうと
日中は母親が家に1人でいるようです。

私の住んでいる市では待機児童が少ないため
預けられるのかもしれません。

そのときのタイミングにもよりますが、
私のときは「認定保育園」に預けられず
認定外保育園」になってしまいました。

だからと言って保育の基準が
下がるわけではありません。

素晴らしい先生もたくさんいて、
子どもの性格に合った保育園だったようです。

今は、その保育園も「認定保育園」に格上げされました。

育休中の継続希望の理由を書く

育休中の継続入所申請はどのよう行うのでしょうか。

各自治体が育児休業取得時の
保育の継続に関する書類を用意しています。

それに従いましょう。

申請書には、利用施設名(保育園)や児童指名、
出生児童指名、育児休業取得期間、職場復帰予定日を
記入する項目があるかと思います。

それらを順に記入していくと

継続希望理由の項目がでてきます。

上の子を保育園に預けるのを
継続していきたい理由を書きましょう。

あとは、継続できるかどうかは自治体の判断となります。

育休退園はなぜ起こる?「働き方」をもっと自分らしく

2人目を産んで育休を取ったら「退園してください」と言われた

2人目の子どもを産んで育休を取ったら、
保育園から「退園してください」といわれてしまう
「育休退園」問題が深刻化しています。

できれば、上の子をそのまま保育園に入れて、
ゆくゆくはきょうだい一緒に通わせたい
(年齢が近いなら)と思っている人も多いはずです。

激戦区の保育園だと、
順番待ちをしている人がいっぱいいます。

「育休するなら家にいるでしょ?子どもも見てよ」
と言うことなのだと思います。

要は預けられなくて仕事にいけないママが
たくさんいるということなのですね。

中では、「退園してください」と言われて
退園して別の保育園に入れる人もいます。

「認定外保育園」などでは「認定保育園」より
基準がゆるく保育料の計算も違うため、
上の子を預けることができます。

しかし、「認定外保育園」は収入による
保育料の計算ではなく一律の計算なので
高額だと感じることもあるでしょう。

きょうだい割引という制度があるので、
これを使っている人は多いです。

意外とアットホームで、保育料も
日数割のコースがある保育園があります。

今いる保育園を退園になっても
考えてみる価値はあるのかもしれませんね。

保育園が足りない⁉全国の待機児童の数は約12,000人

保育園が足りない!という声が保護者から聞こえます。

しかし、ここ最近は受け皿も増えて
2017年に約26,000人もいた待機児童は
2020年4月1日時点では約12,000人に減りました。

待機児童の減少は3年連続です。

上の子の「保育園退園」により、
待機児童が減っているだけかもしれませんが‥。

19年10月から幼児教育・保育の無償化
始まったことで、今後も保育園の利用希望者は
増えるとみられます。

厚労省は20年度末までに定員を10万人超増やし
324.7万人へと高める計画のようです。

ここまでは順調に見えますが、
新型コロナ感染症対応で保育園も取り組みが
難しくなっており、なかなか厳しい状況にあるようです。

保育園の入口は密にならないように順番に、
玄関は2人までなど新しい決まりが作られています。

体温も非接触型体温計の導入など、
通常の感染症対策よりも強化しているのが分かります。

感染対策を子ども相手に教えるのは大変ですよね。

20年度末に待機児童をゼロとする
政府目標の達成は難しくなっています。

育休で家にいるなら、保育園の必要はない?

育休で家にいることができるなら
(実際は新生児を見ていても)、
上の子を家におくことはできます。

一緒に遊ぶとかお散歩に出るとかは出来なくても、
机上の空論として上の子を家におくことは可能です。

端からみると保育園の必要はなくても、
実は持病があるとか、子どもの特性があるとかで、
家でみることが難しい場合は、無理しないで
住んでいる自治体に相談しましょう。

とくに「認定保育園」は自治体との結びつきが強いので、
自治体に就労状況や労働時間などを申告して、
「この家の子どもは家庭での保育が難しいから、
国で保育する必要性がある」
という認定を受ける必要があります。

その基準で考えると、2人目の育休でも家にいることが
難しい場合は、上の子は保育園を継続してもいいです
ということです。

新生児を見ながら、動きが活発になってきた上の子の
ダブル育児は辛いです。

短時間(半日など)だけ預かってもらえる
保育もあります。

住んでいる自治体の保育園の取り組み、
制度などをよく知っておくことが重要になりますね。

普段から市町村の役所に行ってみることを
おすすめします。

新しい情報や保育園のニュースがあったりします。

私もよく市役所に行って保育園の情報や
冊子などもらっていました。

どんなところから情報が耳に入るかわかりません。
アンテナを立てておくのがいいでしょう。

保育園が退園になると何が不安かと言うと、
下の子の育休が終わったあと
また保育園に戻れるかということなのですよね。

下手をすると入れないか、入れなくて育休延長か、
子ども2人別々の保育園‥ということも考えられ、
現にバラバラの保育園に通わせて預けるのも
お迎えも非常に大変そうです。

育休退園の制度はいつから?

厳密に言うと、上の子の育休退園の制度は
存在しません

以前は、保育の継続利用を認めている自治体は
多かったのですが、2015年に施行がスタートした
子ども・子育て支援新制度」で
突然方針を変えた自治体がありました。

新制度でも上の子の保育を認めているのですが、
自治体が解釈を間違えてしまい、いきなり
「上の子の育休退園」の方針を打ち出したのですから、
保護者が混乱した騒ぎになりました。

自治体としては、一人でも多くのママに保育園へ
子どもを預けて仕事に行ってもらいたいと
考えているのだと思います。

自分に置き換えると、自分がこれから仕事するのに
子どもも預けられなく、近所のママが育休で家にいるのに
上の子を保育園に預けていたら「不公平!」
思ってしまいそうですよね。

下の子が生まれて産休や育児休業を取っても、そのまま保育園へ通い続けられる?

下の子の産休や育休を取ったとき、
上の子の保育園継続は自治体や
その保育園の空き状況にもよるようです。

保育園の判断によって退園せずにすむ場合があります。

国としても、育休中に上の子を保育園に通わせるべきか、
退園させるのかはその家の事情もありますので
ケースバイケースと考えているようです。

家族の通院、介護や上の子が翌年に小学校入学を
控えている場合や、保護者の健康状態、環境の変化が
子供に与える影響などを考慮して、上の子が保育園を
退園せずにすむ場合もあるようです。

もし一度退園した場合でも、再び入園を希望するときは
優先順位を繰り上げるなどの対応を
取ってもらえることもあるようです。

しかし、ひとり親家庭の子どもが地域にいる場合は、
そちらの優先順位が上になってしまうことも
ありますので注意が必要です。

2人目の育休中も上の子を保育園に
通わせ続けたい場合は、住んでいる自治体や
保育園に相談してみましょう。

育児休業中に入園申請をした場合

育児休業中に入園申請した場合は、
育児をするために休業しているので
保育園入園の対象とはなりませんが、
勤務復帰日の1カ月前から
保育園に入園できる対象となります。

そのため、育児休業中に入園が決まった場合は
入園した月の翌月1日までに職場復帰を
しなければなりません。

私も保育園に預けたあと、
急いで職場に戻った経験があります。

あと12日というところでした。
働くママにとってはなかなか厳しいですよね。

入園後に出産したお子さんの育児休業を取得する場合

所沢市の場合

育児休業中における在園児の保育の継続利用の
可否の決定は、保護者からの申請に基づき、
市が行います。

育児休業中における在園児の保育の継続事由は
以下のとおりです。

育児休業中に利用継続ができる事由

(1)対象児童の年齢(クラス年齢)が
3歳児・4歳児・5歳児につきましては継続が可能です。

⇒「育児休業中における在園児の保育の利用継続申請書」
を提出してください。

(2)保護者の健康状態や子どもの発達上環境の変化が
好ましくないと思われる場合

⇒「育児休業中における在園児の保育の利用継続申請書」
を提出してください。

1.出生児の疾病(厚生労働省の小児慢性特定疾病の対象疾患)
⇒医師からの診断書を提出(添付)してください。
(様式不問)

2.出産した母親の疾病、障害
⇒医師からの診断書を提出(添付)してください。
(市所定の様式)

3.多児出産(双子以上)
⇒母子手帳の写しを提出してください。

4.混合保育により入園し、継続保育が必要な場合
⇒提出(添付)書類はありません。

5.在園児の家庭における保育環境等の状況から、
引き続き保育所等を利用することが必要な場合
⇒保護者との個別面接等により家庭における保育環境等を
ヒアリングさせていただき、保育の継続利用の可否を
総合的に判断させていただきます。

※(2)の1から5のいずれかの事由に該当し、
保育の継続利用が認められた場合には、
0歳から2歳児(クラス年齢)の在園児も継続が可能です。

(所沢市、育児休業中における在園児の保育の
継続利用についてから引用)

育児休業中の保育は短時間のお迎え申請がある?

育児休業中に上の子の保育は継続利用できることは、
上で述べましたが育児休業中の方の保育は短時間
(16時までなど)のお迎え
を言われることがあります。

これは、決して保育士が楽をしようと思っているのではなく、
上の子の子どもの精神状態を思ってのことです。

ただでさえ、下の子(弟か妹)が生まれてママは
てんてこ舞い、ママを下の子に取られてしまったと
思っている上の子も少なくないでしょう。

そんな中、保育時間いっぱいまで
お迎えに行かないのはちょっとかわいそうです。

なかには、「ママ、僕保育園に行きたくないよ」と
我慢している子どももいるでしょう。

3歳や4歳になれば、
今ママがお仕事に行っているのか、
家にいるのかは分かるかと思います。

迎えにいってママが笑顔でお迎えに来てくれるなら
上の子もホッとしますが、
「さあ、これから寝るまでが戦場だわ」
みたいな顔でお迎えに行くと
子どもはそれを敏感にキャッチしてしまいます。

確かに新生児のお世話は
24時間体制で昼も夜もありません。

昼間、上の子を保育園に預けたら
赤ちゃんと一緒に休めるところは休みましょう

やはり寝不足はイライラの元で、
上の子に八つ当たりなど
記憶まで吹っ飛んでしまうことがあります。

休めるところは休んで、
上の子のお迎えに行ったあとは、
むしろお手伝いをお願いする気持ちで
一緒に支度をするといいかもしれませんね。

まとめ

2人目の育休中に上の子の保育園は
退園になるかというのは、
継続して利用が必要だと認められる場合は
保育園の入所が認められます。

1人で悩んでいても自治体には伝わりませんので、
まずは継続できるかどうか
継続の申請を出してみましょう。

あまり継続を認めない自治体であっても、
上の子が年長で来年小学校に入学などの場合は、
特例として認められることもあります。

育児を自分だけで抱え込まず、
大変だと思ったら自治体に相談してみるのを
おすすめします。

未来を担う子ども達をみんなで支援しましょう。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました