おせち料理にぶりを使うのはなぜ?由来や縁起、どういう意味があるの?

季節

お正月に食べるおせち料理。

おせち料理っていろんな種類が入っていて、
いつもどれから食べようかって
迷いますよね。

そんなおせち料理ですが、その中に
使われている食材である“ぶり”について
今回は取り上げてみようと思います。

それぞれ入っているお料理には、
意味があるのですが、ぶりにも
ちゃんとした意味があるってことを
知っていますか?

そういえば、ぶりが入っていたわ。
ぐらいで軽く考えている人も
いるのではないでしょうか?

ぶりについて詳しく
お伝えしたいと思います。

意味を知って食べる
おせちはまた格別ですよ!

スポンサーリンク

おせち料理のぶりの由来や縁起にはどういう意味があるの?

ぶりってとても身がふっくらして
美味しいですよね。

ぶりは冬の時期が旬な魚なのです。

そして栄養もたくさん入っていて、
さらにビタミンB2やコラーゲンも
豊富なので、美容にも嬉しいお魚の
一つなのです。

おせちだけに限らず冬の食卓には
登場するのも頻繁になるのでは
ないでしょうか?



新年の始まりに1年の幸せを願って
食べるのがおせち料理です。

そのおせち料理の2の重に入っている
焼き物の1つにぶりの照り焼きが
入っているのです。

地域によっては、塩麹やきになっていたり、
柚庵やきになっていたり、昆布を巻いて
昆布巻きになっていたり、ぶりも
いろんな調理法で入っているのです。

地域によっては、おせちの他に、
お雑煮にぶりを入れて食べるところも
あるのです。

お正月料理としてぶりは
親しまれている食材なんです。


ぶりは、成長するたびに名前も
変わって行くお魚
なんです。

変わっていくのを人間社会に置き換えて、
社会で出世していく人に重ねてぶりを
出世魚と呼んでいるのです。

だから立身出世願う縁起物なのです。

ワカシの時は20cmぐらいが、
ぶりになると1mぐらいまで大きく
成長する魚
なのです。

出生と出世を運んでくれる
縁起の良い魚とされているのです。

出世を願っている人にとっては、
とても嬉しいお魚なんですね。

お正月に縁起物を食べて、来る1年も
頑張ろうと思えますよね。

ぶりは神事や祭事には必要な魚ってほんと?

ぶりってお正月のおせちにはもちろん
のこと、神事や祭事にも使われることが
多いのです。

昔から縁起の良い魚として
使われているのです。

地域によっては、ぶりを奉納する
お祭りがあったりするのです。

関西地方では、大晦日に食べる年取り魚
としてぶりを食べたりもしていたのです。

ぶりは出世魚で縁起が良い!?

ぶりって 「しゅっせうお」って
呼ばれている魚って知っていますか?

成長によって名前が変わっていくので、
そう呼ばれているのです。

それも地域によって多少名前が
違う
のです。

関東 :  モジャコ→ワカシ→イナダ→
   ワラサ→ぶり

関西 :  ツバス→ハマチ→メジロ→ぶり

北陸 :  ツバエソ(ツバス)→フクラギ→
   ガンド→ぶり→おおぶり

このように名前が変わっていくのです。

地域によっても呼び方が違っていて、
びっくりですよね。

多少は知っていても、あれ?それも
ぶりだったの!?って思うのも
ありませんか?

江戸時代ごろまでは元服したり、
出世するたびに名前を変えていたので、
その様子と似ているところから 
しゅっせうおと言っていたのです。

現代においては、このように名前が
変わっていくぶりと同じように、
社会や仕事でも社員 課長、部長、
など出世していくことに当てはめ、
縁起の良い魚となった
のです。

おせち料理にオススメのブリの選び方は?

お正月に縁起の良い美味しいぶりを
食べたいですよね。

おせち料理には焼き魚のぶりが
入っているでしょう。

自分でも買ってきて作りたいと思ったら、
できるだけ美味しいぶりを買ってきて
調理したい物です。

買って来る時は、できるだけ
新鮮な物を選びましょう。

血合いが変色していない物で
血合いが綺麗な濃い赤い色
選んでくださいね。

さらにパックにドリップという液体が
溜まっていない物を選んでくださいね。

お正月に近づくにつれてお値段も
高くなってしまうので、12月半ばごろに
買って冷凍しておくと良い
ですよ。

お刺身が手に入るなら
それも美味しいですよね!

焼き魚のぶりとお刺身のぶりを
食べるのも新年から縁起ある魚を
食べられてエネルギーや力を
もらうことができますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おせち料理に欠かせない縁起物の
一つである ぶり について
お伝えしました。

ぶりは、稚魚から大人になるまで
成長ごとに名前が変わっていく
出世魚だったのです。

だからとても縁起物の魚なのです。

さらに、冬が旬なのでビタミンや
コラーゲンなど栄養もたっぷり
入っているのです。

身がふっくらして脂がのっていて
美味しいぶりなのでたくさん
食べたいですよね。

新しい年の始まりに縁起物のぶりを
食べて、来る1年も出世を願って
頑張りましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました