夏はバーベキューをしよう!最新コンロおすすめTop10!

家事

夏にキャンプ場や川のそばでバーベキューするのって

とてもよいですよね!

みんなでワイワイしながらお外で焼いて食べるなんて

気分爽快になりますよね。

そんなバーベキューですが、

どんなバーベキューコンロを使っていますか?

バーベキューコンロと言ってもいろいろな種類があって

どれがよいのか迷ってしまいますよね。

これから、このバーベキューコンロについて

詳しくお伝えしたいと思います。

最新コンロでどれがおすすめなのかをお知らせします。

参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

バーベキューにコンロは必須!最新版コンロランキングTop3!

バーベキューコンロと言ってもいろいろな種類があるのです。

  • 定番の炭を使って焼くもの
  • ガスを使って焼くもの
  • 電気を使って焼くコンロ

などがあります。

でもバーベキューと言ってすぐに思いつくコンロって

炭火式のものですよね。

火をおこすところから始めると大変ですが、楽しいですよ。

ガス式のコンロの場合は、すぐに火を使うことができるので、

簡単にバーベキューをすることができます。

そして、火の強さも簡単に調節できるのでムラもでにくくて、

大人数でバーベキューするときや、少人数でしたときに

片付ける手間を省くならこのコンロが簡単ですごく良いですよ。

そして電気式のコンロの場合は、

火を使わない分安全に使うことができます。

電源がないとダメですが。。。

他の2つのコンロよりも煙が出にくいので、

お家のお庭でするときや、バンガローなどでするときなど

煙が気になるところではとても便利ですよ。

火が出ないので子供がいても安心して使えます。

また、コンロには、

  • 脚付きのバーベキューコンロ
  • 卓上におけるタイプ
  • 蓋がついているタイプ
  • 使い捨てタイプ

などがあり、スチール製とステンレス製のコンロに

分けられます。

ステンレス製の方がお値段が高いのですが、

軽いので持ち運ぶときは便利ですよ。

そして、壊れにくく、サビにくいので長く使うことができます。

自分の身長に合わせて使い勝手が良い高さの

コンロを買うと良いですよ。

座ってゆっくり食べたいときは丈の低いロースタイルの

コンロを選ぶのもおすすめです。

そして人数も考えて買うと良いです。

人数が少ない時に大きすぎるグリルだと荷物になってしまうし、

大人数の時に小さなグリルだと、たくさん焼けなくて

あまり楽しむことができなくなってしまいます。

おすすめのコンロTop3をお知らせしますね。

コールマンのクールスパイダープロ

焼くところも4段階に調節できるので便利ですよ。

そして炭を入れる所も引き出し式になっていて

使いやすいです。

コンロが、メッシュ状になっているので空気も良く流れて、

燃えやすいです。

全てステンレスでできているので長持ちしますよ。

ロゴスの焚き火ピラミッドグリルEVO—L

バーベキューをするほかに、焚き火もできてさらに、

ダッチオーブン料理もできるのです。

組み立てるのも簡単にできてとても便利ですよ。

専用のケースもついています。

ステンレスの部分と、スチールの部分と、

亜鉛メッキの銅板で作られています。

コールマン ロードトリップチャコールグリル

蓋がついているグリルです。

焼いた後保温もできるし、オーブン料理もできてしまうのです。

お肉の塊だって焼くことができちゃいます。

キャスターもついているので移動がラクにできますよ。

バーベキューのコンロは自作でできる!ブロックで作る自作コンロ!

バーベキューのコンロを買うのも良いですが、

実は自分でも作れることを知っていますか?

自分流のを作ると、これがまた楽しいのです。

作るのってとても大変ではと思っているかもしれません。

でも、それがとても簡単に作れるのです。

作り方をおしらせしますね。

【ブロックコンロ】

材料: 軍手、ブロック、金網 です。

作り方: 

  1. コンロを作るところを決めてください。

   できるだけ平らなところが良いですよ。

   ガタガタしなくてすみます。

  1. ブロックを二つ用意して1つずつ平行に並べてくださいね。

   重たいので腰を傷めないように運んでください。

  1. その上に金網をのせます。

   その上で火をおこす場所が出来上がりました。

  1. この火をおこす場所中心にコの字になるように周りにブロックを積んでいきます。

   高さは使いやすい高さにしましょう。

   その上に網を載せて網が落ちないように

   ブロックで挟んで完成です。

   空気が流れるように火の後ろ側はブロックで

   穴が開いている方を塞がないようにしておくと良いですよ。

これで出来上がりです。とても簡単にできるのです。

好きなようにただブロックを積んでいけば良いのです。

何度でも作り変えることができるので、

その日の気分に合わせてアレンジして作ることができますよ。

ブロックはちょっと重たいので

持ち上げる時には気をつけてくださいね。

まとめ

バーベキューのコンロについてお伝えしました。

自分にあったコンロを選んでみてくださいね。

その時のバーベキューのスタイルを考えておいて

コンロを選ぶのも良いですよ。

人数にあったコンロを選んでくださいね。

ステンレス製の方がお値段が高いですが

軽いので持ち運びも便利で長く使えますよ。

バーベキューを時々しかしないのなら、

使い捨てのコンロでもよいかもしれません。

簡単にできるので思いきって自分の好みの

バーベキューコンロを作ってしまうのもありですよ。

おためしあれ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました