知らないと損?!真夏の冷房適正温度と電気代を節約する秘策

生活全般

暑い夏に快適な空間を作ってくれる冷房は

私たちの暮らしに欠かせません。

冷房はとても便利ですが気になることが・・電気代です。

冷やしすぎると電気代がかかるかも・・

つけっぱなしだと電気代がかかるかも・・

何度も設定温度をかえたり、

電源をつけたり消したりしていませんか?

これを読むと今まで思い込んでいた冷房のイメージが

覆されるかもしれません。

今回は冷房の電気代を賢く節約できる豆知識をご紹介します!

スポンサーリンク

いったい何度が冷房の適正温度?知らないと損する光熱費!

冷房の設定温度は「28℃」とよく言われます。

エアコンの設定温度にある適温も

27~28℃になっています。

設定温度を28℃にする理由は何でしょうか?

本当に28℃は快適な温度と言えるのか気になります。

調べてみました。

環境省が推奨している室内温度の目安が28℃

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」

「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」

で定められています。

範囲の室温は17℃~28℃で、

その上限が28℃だということです。

法律に定められた労働環境を保持しながら

最大限の省エネにつながる温度が

28℃ということになります。

快適に過ごせるよう「クールビズ」も浸透しています。

実際私たちの暮らしではどうでしょう。

エアコンの冷房と外気の温度差は

5~6℃が適温とされています。

真夏の暑い日は30℃~35℃近くにもなります。

温度差が5~6℃であるなら

28℃はやはり適温と言ってよいでしょう。

設定温度28℃と27℃ってそんなに違うの?

適温が28℃だというのは分かりました。

それなら27℃でもいいんじゃないか?って

思ってしまいます。

調べてみると冷房の設定温度を1℃上げると

消費電力はおよそ10%の節約になることがわかりました。

・毎日3時間エアコンを使用した場合

一人暮らし 100円/月  家族暮らし 180/月

これだけ節約できることになります。

設定温度と室温は違う!!工夫次第で快適に過ごせる

設定温度と実際の室温・体感温度には違いがあります。

設定温度はあくまでも目安です。

エアコンと部屋の環境で同じ設定温度でもグンと

涼しくなります。

カーテン・窓を閉める

エアコンの効率を悪くする原因で1番多いのが

カーテン・窓です。

しっかり冷やしても外に逃げてしまいます。

逃げないようにしっかりカーテンを閉めましょう。

カーテンのサイズが合っていない場合は変えると違います。

床との隙間がないのがベスト!!

冷房・暖房ともカーテンは重要な役割を果たしてくれます。

雨戸があるのなら半分降ろして窓・カーテンを閉めると

より涼しくなりますよ。

扇風機・サーキュレーターを使う

空気を循環してあげるだけでも部屋は涼しくなります。

サーキュレーターは最近よく見かけるようになった

アイテムですよね。

電気代はどうでしょうか?

扇風機もサーキュレーターも30Wと同じくらいでした。

1時間使っても電気代は0.75円ほどです。

エアコンの設定温度を1度下げるより

快適で節約になるそうです。

使い方も大切です!!

扇風機もサーキュレーターもエアコンの真下に置きましょう。

エアコンと同じ風向きにすると効率アップしますよ!

結局冷房はつけっぱなしがお得なの?電気代1日で比較する冷房事情

毎回悩みますが我が家では夏場は1日中、

つけっぱなしにしています。

実際お得なのか調べてみました。

ズバリ「つけっぱなしの方が安い場合がある」!

エアコンメーカー数社がエアコンを

無駄につけたり消したりを繰り返すよりは、

連続運転し続けたほうが電気代はお得だと答えています。

冷房・暖房ともにこまめに消したりしない方が

電気代は安くなるという結果が実証されているそうです。

ただし、すべてのエアコンに当てはまるわけではない点は

注意が必要です。

製造年月日が古いエアコンは1日中つけっぱなしにしていると

かえって電気代がかかります。

冷房をつけたり消したりしていると損をする!

真夏の暑い部屋でエアコンをつければ

当然パワーが必要になります。

部屋の温度が下がればエアコンの消費電力は少なくなります。

せっかく涼しくなったのに、

外出するために運転を止めれば室温は上昇します。

帰宅後、再びエアコンをつければパワフルな運転が

スタートしてしまい電気代が上がってしまします。

20~30分くらいの外出なら、

つけっぱなしにしておいたほうがお得です。

ただ仕事などで日中自宅にいない場合は別です!

勿体ないので消しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

冷房の適正温度は28℃というのは理にかなっていました。

人によって体感温度はちがいます。

扇風機やサーキュレーターを併用して

快適な空間を作りたいですね。

カーテンのサイズが合ってない方は

変えるようにしてください。

私も以前使っていたカーテンのサイズが

あっていませんでした。

エアコンの効きが全然ちがいます!!

1日の時間を自宅で過ごす場合は

つけっぱなしの方がお得です。

設定温度を下げすぎずに過ごせば

熱中症や不眠に悩まされず体にとってもよいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました