100人の先輩ママに聞いた!新生児の冷房適正温度&湿度は?

生活全般

新しい家族をお家に迎えて幸せいっぱいのときですね。

初めてのことばかりで、

パパとママも分からない事だらけだと思います。

夏生まれの赤ちゃんに心配なのが「冷房」だと思います。

冷房の温度はどれくらいがいいのか・・

そもそも新生児に冷房っていいの?

気になることが沢山でてきますね!

我が家の長男も夏真っ盛りに産まれました。

今回は私の体験談、赤ちゃんにとって快適と感じる

冷房温度についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

知らないで済まされない!赤ちゃんのための冷房適正温度とは?

赤ちゃんは体温調整がまだ上手にできません。

大人より体温も高く汗をかきやすいので注意が必要です。

冷房って必要?

長男は夏生まれだったので冷房の使用には悩みました。

結論からいうと・・

赤ちゃんに冷房は必要です!!

冷房をつけずに扇風機のみで過ごすと長男に変化がありました。

あせも

クビ・関節部分・おしり(オムツの当たる部分)が

あっという間にあせもになりました。

母乳の吸いが悪くなった

これは私に限ったことかもしれませんが、汗をかくので

乳首を含んだ時にしょっぱかったのかもしれません。

清浄綿で拭いていましたが長男はダメでした。

母子ともにイライラする

授乳中がとにかく暑い。

皮膚が触れるとベタベタするし汗もかいてきてしまいます。

母子ともにイライラしてきます。

エアコンをつけて快適な空間にすればこうはなりません。

何よりも熱中症対策になります。

エアコンを付けたり消したり繰り返したりする方が

調子悪くなりそうです。

電気代も逆にかかってしまいます。

つけっぱなしの方が電気代はお得になる場合もあります。

無理せずエアコンを付けましょう。

冷房の適正温度は?

赤ちゃんにとって理想的な冷房温度は26℃~28℃

と言われています。

室内と室外の温度差は3℃~5℃になるくらいが最適。

エアコンの適正温度は28℃が望ましいとされているので

赤ちゃんにもいいですね。

最初は28℃設定にしてみて、それでも暑がるようであれば

少しずつ下げてあげましょう!

湿度にも気をつけて!

赤ちゃんが快適にすごすために湿度は

40%~60%にしてあげましょう。

湿度が高いとダニ・カビが繁殖しやすくなります。

湿度が60%以上越えると

カビ・ダニの繁殖の好条件になります。

アレルギーを引き起こすきっかけになるので

湿度にも気を付けましょう。

※新生児~幼児期の体は体内臓器・神経なども著しく成長します。

この時期にアレルゲンとよばれる

アレルギー症状を引き起こす原因物を吸い込むと

アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

温度計・湿時計も忘れずに

温度計・湿時計はあった方がいいと思います。

ただ数字に頼りすぎず、ママの手で赤ちゃんに触れて

確認することも忘れないようにしてくださいね。

背中や首に汗をかいていれば暑いかもしれません。

お腹が冷たければ寒いかもしれません。

手足で判断しがちなので覚えておきましょう。

温度計・湿時計は赤ちゃんの近くにおくといいですよ。

なぜなら冷気は下にいく性質があります。

大人の高さと赤ちゃんの高さでは

温度に違いがでるかもしれませんからね。

先輩ママ100人に聞いた!新生児が寝ている部屋の冷房設定温度の平均は!?

調べてみると26℃~28℃で設定しているママが多い

という結果でした。

その日の気温や赤ちゃんの体調で設定温度もかわりますよね。

私の場合ですが、比較的涼しい時や夜の就寝時は

高めの28℃設定にして扇風機をスイングしていました。

朝方は気温も下がるのでタイマー機能でOFFにしていましたね。

個人的な意見ですが、寝ているのなら28℃くらいの

高めの設定で様子を見てもいいという気がします。

エアコンのドライ機能を使うのもいいですよ。

ドライ機能は除湿しながら湿度を少しずつ下げてくれます。

湿度を取るだけでも涼しくなるので、

そんなに暑くない時はいいと思います。

ただ暑い時にドライ機能は力不足だと思うので

無理せず冷房にきりかえましょう。

熱中症にかかりやすくなってしまいます。

冷房設定は26℃~28℃の範囲のママがほとんどでした。

まとめ

いかかでしたか?

冷房の設定温度は26℃~28℃の範囲で設定するのが

望ましいことが分かりました。

もちろん赤ちゃんのその日の体調や、

その日の気温にも左右されます。

目で確認する数字も大切ですが、パパとママの手で

しっかり我が子の体に触れて確認する事が大切だと思います。

毎日触れていれば暑いのか寒いのかなんて

分かってしまうものです。

おでこに触って熱を確認するのと一緒です。

数字と自分の感覚を合わせて、快適な空間を作られることが

1番理想的だと思います。

初めは分からなくても触れあう時間が多いほど

赤ちゃんが何を欲しがっているか分かってきますよ。

これからますます可愛くなる我が子です。

暑い夏を乗り切って育児を楽しんでくださいね。

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました