おせちは重箱なしでも大丈夫!?上手な盛り付け方を教えて!

毎年暮れになると、来年のお正月のおせちのことを考えますよね。

自分で作ってみたいけど、お重を持っていないし、かといってお重を今から買うのもなぁ、お重に詰めるほど量も食べられないしと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんなとき、お重なしでもお皿やトレーを使って上手に盛り付けることができるって知っていますか?

お重箱がなくてもおせちを綺麗にそして華やかに盛り付けることができるのです。

来年のおせちを上手にオシャレにもりつけてみませんか?

これからいくつかのおすすめ方法をお伝えします。

参考にしてみてくださいね。● おせち お重に詰めなくても大丈夫?

おせち=お重箱に入っているというのが定番ですよね。

でも、このお重箱に詰める習慣は明治以降と言われているぐらいとても最近のことなのです。

もともと、季節の変わり目にお祝い事をしてその日を節日と言っていたのです。

その時に、食べ物も神様にお供えしていたのですが、それを節供といっていたのです。

家族で一緒に神様に供えたお節供を食べていたのが、おせちだったのです。

これが、のちにお正月の料理だけを指すようになったのです。

お重箱に詰められる前は、お膳で出したりしていたのです。

戦後デパートで売られるようになってから重箱に詰めるようになったとも言われているので、絶対に重箱に詰めなくてはいけないということではないのです。

ただ、縁を担ぐ意味で、重箱に詰めることで福が重なる、めでたさが重なるという願いが込められているのです。

お重箱に詰めると、幸せを積み重ねるという意味もあるのです。

でも、お重でも、お皿でもどちらも、縁起の良いお食事が並ぶので必ずしもお重に詰めなくても問題ないのです。● おせち料理のおしゃれな盛り付け方は?

お重を使わないで上手にオシャレに盛り付けるにはどうしたら良いのでしょうか?

縁起物であるおせち、まずは、おせちの料理の種類をしっかり把握しておく必要がありますよ。

おせち料理には、

祝い肴 口取り: かまぼこ、栗きんとん、伊達巻、田作り、黒豆、数の子、きんぴらごぼうなど

焼き物 : 鯛などの焼き魚、海老など

酢の物 : 紅白なますなど

煮物  :  里芋やクワイ、レンコンや山の幸を使った煮物、筑前煮

があります。

もともとは、神様にお供えした後、そのお料理を家族みんなで食べていたものだったのです。

そして神人共食、神と人が共に食するという祈りの形でもあった食べ物だったのです。

おせちは、神社やお堂などで謹んで食べていたものだったのです。

それが、江戸時代以降に重箱に詰めるようになりました。

お正月は火を使ったお料理をしないということと、3が日はお料理をしない問いことから、あらかじめ暮れに用意しておくのが原則だったのです。そして、保存容器として、お重箱を使っていたのです。

それでは、そのおせちをオシャレに盛り付けるにはどのようにしたら良いのでしょうか?

オシャレなおせちに見えるようにするポイントは1. 盛り付けようの食器を選ぶ。

お皿によって、雰囲気も変わるので、メインの食器をしっかり決める必要がありますよ。

お盆や、重箱のようなプレートなどどれが良いかしっかり選んでください。そのあと、小皿やお椀、箸置きやグラスなどを合うように並べていくと良いですよ。2. どの色に統一するか、ベースとなる色を3色揃えてみる。

おせち料理はもともとカラフルなので、それが生えるように盛り付ける必要がありますよ。だから、食器は控えめな色でバランスを考えて決めると良いですよ。3. 小物やデーブルクロスを使う

松や折り鶴、お花なども飾るととても雰囲気が出てはなやかになって良いですよ。テーブルクロスもお正月らしいものを選んで敷いてみるのも良いでしょう。ちょっとしたものがアクセントになるのでオススメです。

おせちのお料理を上手に選んだお皿たちに個人個人に盛り付けて行くのが素敵です。

さらに、中央には追加で取れるように並べてみるのも良いでしょう。● おせちの伝統を大切にモダンな雰囲気も取り入れて!

オシャレな盛り付けで試したけど、どうも決まらないとか、イメージが難しいと思ったら、従来のお重箱も使用しながら並べてみるのもオススメです。

その場合は、定番の重箱におせちを詰めて、その合間に、白い大皿で他のお料理も並べてみるのも素敵ですよ。

テーブル全体にボリュームも出るし、メインのお重箱も引き立ててくれるのでとても華やかなテーブルになりますよ。

お重箱がなくても、お重箱のような箱のプレートを使って並べるのも良いですよ。お料理の並べ方も、見栄えが良くなるように好きなように並べて大丈夫です。● 簡単おしゃれ!ワンプレートおせちの盛り付け方7選

今流行りのワンプレートおせち。

おせちをどのように盛り付けるのが良いのか参考までに7つの種類をお伝えしますね。1. 和風大皿盛り

和風の大皿を使って盛り付けるときは、祝い肴の黒豆、田作り、数の子、口取り、酢の物をバランスよく盛り付けると良いですよ。

さらにエビなど海の幸をのせてあげるとさらに華やかになって良いですよ。黒豆などは、ゆずの器などに入れて盛り付けるとさらに素敵になります。2. 洋風大皿

洋風のお皿を使うときには、真ん中に黒豆などを入れた器をおくと良いですよ。その周りには、かまぼこやだてまきなど、色の華やかなお料理を乗せると素敵です。ローストビーフやモンブランなどをのせるとまたオシャレですよ。3. 半月盆

半月型のお盆を使うときは、一人分のワンプレートにするときにオススメですよ。祝い肴や口取り、酢の物をバランスよくのせてみてくださいね。少しづつのせるのがコツです。飾り切りをした野菜や、和紙などを使って華やかに仕上げるのもポイントですよ。4. ガラスプレート

ガラスのお皿を使うと、おせちが前菜のようなオシャレな形になりますよ。

伝統的なおせち料理と一緒にローストビーフや洋風サラダなども一緒に盛り付けるのもまた素敵です。お料理とお料理の間を開けて盛り付けるとさらにおしゃれで良いですよ。5. 小皿のワンプレート

お料理ごとに小皿にのせてお盆にのせる方法です。他のおりょうの味が混ざったりしないので汁気の多いものと一緒にものせられます。好きな小皿の柄や種類を選んでのせてみてはいかがでしょう。6. 二人盛り

大皿に二人分のおせちを盛り付ける方法です。お料理を乗せるとき、奇数になるように盛り付けるのが良いのです。

取りやすくなるように、一人分をわかりやすく葉物などを使って仕切ったりすると良いですよ。7. 銘々皿盛り

小さな器に1人分のおせちを盛り付けていくのです。小分けにしてのせるので、汁気の多いお料理でものせやすくなりますよ。

田作り、数の子、たたきごぼうなどをのせたり、お料理の数が少なくても豪華に見えるのが、銘々皿盛りなのです。

7種類の盛り付け方の方法をお伝えしました。

意外といろんなやり方や盛り付け方があるのですよね。

その時の気分で選んでみるのも良いかもしれませんね。● まとめ

いかがでしたでしょうか?

お重箱を使わなくても上手にオシャレにおせちを盛り付ける方法をお伝えしました。

たまには、気分を変えてワンプレートにしてみるのも良いかもしれません。

和風や洋風などいろんな雰囲気を楽しめる盛り付け方。

自分なりに盛り付けのテーマをあらかじめ決めておくのも良いかもしれませんね。

基本のお料理を押さえた上で、綺麗に盛り付けてみてください。

難しいと思っていた盛り付け方もコツさえ知ってしまうと以外と簡単なのです。美味しいおせちだけでなく、見た目もこだわってオシャレなおせちを楽しんでくださいね。

きっといつもとは違った新年を迎えられますよ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました